本社代表番号 06-6301-6831

サイトマップ

お問い合わせ・資料請求

食の安心・安全

	A)	加島商品センターの開設

安心安全をお届けするために

2013年9月に大阪府大阪市淀川区に商品物流センターを新設致しました。
これにより、関西圏の物流を拡大するだけでなく、これまで直接納品されていた商品について安全性の検証や効果的な商品情報の共有を図れるようになりました。各事業部が連携の下、食材の仕入れから調理・提供までの全過程において強化策の企画・実施を行うことにより、食の安全性の確保、メニュー内容の充実、サービスレベルの向上を効率的かつ効果的に実施します。

Funs APへの参加

委託給食企業が加盟する食材の共同購買機構で、当社も当初から参加しております。Funs APは給食企業が集まり大きなスケールメリットを発揮することで適正価格での購買を実行するものです。

品質管理の取り組み

美味しく食事をとっていただくため、設定した管理基準を基に品質の良い食材を仕入れいたします。また、料理提供までの全過程において、メニュー内容やサービスレベルの厳正なチェックを行うことで、高品質のお食事を提供致します。

イメージ

当社の食材仕入に関して

当社は、関西圏では加島商品センターにて主要な商品の仕入を一括して行い、スケールメリットを十分に発揮致します。しかし、地域活性などの目的やフードマイレージ削減のために直接納品と併せています。
関東圏、九州・沖縄圏と関西圏の直接納品を行う取引業者については、向上検査や配送中の温度管理などの当社の基準をクリアし、当社の考え方に賛同いただいた業者を選定することによって、安心安全な食材仕入とトレーサビリティを実現していきます。

取引先と協力して

加島商品センターの衛生管理部門が定期的に取引先工場の立入検査を行い、衛生管理や運用状況について確認しています。
各食材の詳細情報についてまとめた「商品規格書」を作成し、品質管理の平準化や、お客様のお問い合わせに対して迅速、適切な情報開示を実現します。

配送の中で

配送中の温度管理記録や現地立入検査の実施により、運用状況や衛生管理の確認を徹底しています。

事業所での取り組み

事業所での衛生管理状況は、担当マネージャーと衛生管理室が現地立入の上、二重にチェックを行います。
また、従業員も食材の消毒手順や加熱温度・時間などを提供メニューごとに記録することで、衛生管理状況を日常業務の中でチェックしています。