本社代表番号 06-6301-6831

サイトマップ

お問い合わせ・資料請求

サービス展開

社員食堂・学生食堂(高校・大学)

食堂運営

もっともっと「美味しい!」と笑顔を食堂に溢れさせる

イメージ

私たちは、さまざまなお食事をされている一人ひとりに笑顔で対応し、仕事の疲れを少しでもいやしていただくことができる、そんな食事や心地よい空間を演出します。

メニューバラエティ

イメージ

お客様に毎日の食事を楽しんでいただけるよう、味・サービスともに高いクオリティを目指しています。流行のメニューを素早く商品化することはもちろん、日々、お客様の声をもとに斬新なレシピを次々と開発。旬の食材や地域性を活かした多彩なレシピをご提案、ご提供致します。

イベントメニュー

全国各地の名物料理や郷土料理、様々な世界の料理をお届けします。巷で流行、話題性のある全国の名物料理や郷土料理、世界の有名料理をピックアップし、流行の背景や特選食材も合わせて紹介。素材にこだわった各地の名物料理は、社内にいながら本物の味を楽しめる人気の高いメニューです。

健康サポート

毎日利用していただくために、当社では近年の健康志向へのニーズを踏まえ、低カロリーメニューの導入や、量の調整ができるよう皿のサイズを分けたりできるといった提案を行っています。
「特定健診・特定保健指導」の義務化や「食育」の広まりにともない、企業・学校には社員や学生の健康管理を担う役割も求められていますが、当社では食べるだけでなく、知ることも重要と考え、啓発活動からしっかりとお客様の健康管理をサポートします。

イメージ

ヘルシー定食で健康に配慮

当社では、会社で働く皆様のためにカロリー計算された献立・調理を行い、多彩なアレンジメニューで健康のことを考えたお食事をご提供しています。

啓発活動

健康的な生活習慣を継続できるよう、栄養士からのワンポイント講座などをテーブルコーナーに配置して、生活習慣を改善するようにいたします。

特定保健指導支援業務

情報提供、動機づけ支援、積極的支援に合わせて、定期的かつ継続的な支援を行います。基本は担当栄養士が6ヶ月間、個別面談を中心にサポートを行い、対象者自らが行動目標を設定し、目標達成に向けた行動に取り組みながら、プログラム終了後には、その生活が継続できることを目指します。

品質、コスト満足度の高い食事を

イメージ

働く人にとって欠かす事の出来ない食事を、いかにコストを下げ質の高いものを提供出来るか?各企業に合わせたプランを立て、多くの人が笑顔になる食事サービスを提供しております。

厨房スペースのプランニング

機能的でコストパフォーマンスにも優れた厨房システムの設計に至るまで、機能・効率・環境・デザインを最大限に考慮。トータルなソリューションでお客様のリクエストに最適なプランを提案します。

食事を楽しむこころがけ

当社では接客サービスに万全を期し、お客様との対話を重視した運営をしております。什器やサインボード、ユニフォームのデザインに至るまで、視覚的にも美しい、洗練されたテイストで統一いたします。また、常にお客様が気持ちよく食事や会話を楽しんでいただくために、清潔感溢れる明るい空間の演出を心掛け、休憩時間にも利用いただけるようカフェメニューを準備するなど、さまざまなスタイルを提供いたします。

食堂スペースの有効活用

食堂スペースは、社内でも大きなスペースを取りながら、利用時間はランチタイムのみというのが定番でした。これを有効活用するため、ランチタイム以外の時間には、カフェメニューを提供したり歓送迎会を企画したり。さまざまなニーズにお応え致します。

食堂空間のプロデュース

スタッフ全員で、数々の問題を取りあげ、「どのような食堂にしたいか?」を考え、コンセプトを絞り、その上で、商環境バランスを再構築していきます。コンセプトがずれることのないよう、常に顧客である学生の目線に立ち返り、全体を見据え、部分へ部分から全体への視点をもって、空間・商品・オペレーション・サービスの充実した食堂を提供しております。

食堂運営

学校のブランドを高める空間づくり

イメージ

発育盛りの子供にとって、学校給食は発育促進、健康増進などいろいろな意味で大切なものです。また、学校給食と異なり食堂運営ではさまざまなニーズがあり、それらを一つ一つかなえるメニューフレームを構築することが重要です。具体的には、毎日食堂を利用する場合には、栄養満点の日替わり定食を。クラブ生が食べるボリューム満点の定番メニュー。簡単に食べられるどんぶりや麺類などがあります。

朝食提供

朝食を欠食する児童・学生が増加傾向にあります。
朝食を欠食すると、体温が下がったままの状態で血糖値が低く、内蔵や神経、脳の働きが低下した状態になってしまいます。このため、集中力の欠如など午前中の活動に支障をきたします。こうした機能を正常に戻し、意識がしっかりして身体を目覚めさせるのが、朝食の役割です。

当社でも、欠食を減らすため朝から食堂を営業し、和食を提供するなどの活動を行なっております。